世界に一つだけの本が作れる!自費出版のメリットとデメリット

自費出版についてのメリット、デメリットを知るサイト

自費出版とはどんなもの

世界に一つだけの本が作成出来る

数あるメリットのなかで、最大のメリットといえば何といっても世界に一つだけのオリジナルの本が作成出来ることだと思います。
作家など本を執筆する仕事をしていなければ、自分の本をだすことは中々ありません。
出版に関する費用を負担する形にはなりますが、自由に企画を考え自分の好きなように文章を執筆するということは面白いことだと思います。
なにより形としても手元に残り、思い出としても記憶に残るので自費出版をして出版した本はきっと一生ものの素敵な思い出や宝物になることでしょう。

また、本を出版した場合あなたの執筆した本が書店に並ぶこともあります。
書店で自分の執筆した本が販売されている光景を見かけることはとても感慨深く、嬉しいことですよね。

その他の自費出版のメリット

商業として本を出版するには作家を目指し小説のコンテストに応募するなどしなければなりませんが、自費出版であれば誰でも気軽に本を出版することが出来ます。
応募資格などが無いので、文章を執筆するのは苦手だが本を作成してみたいという方や自費出版に興味があるという方など誰でも本の作成に挑戦し出版することが出来ます。
但し、大手の出版社の場合本の内容によっては出版を断られてしまう場合もあるので注意が必要です。
自費出版で本を作成したことをきっかけに、自分の夢がみつかったり夢が叶う可能性があるかもしれません。

また、自費出版で自分の考えや気持ちを執筆し形にすることで周囲に自分のことを知らせることが出来ます。
自分史や家族のことを執筆し、後世に形として残す方もいるようです。


この記事をシェアする