世界に一つだけの本が作れる!自費出版のメリットとデメリット

自費出版についてのメリット、デメリットを知るサイト

デメリットも知っておく

料金が高額

一番のデメリットをあげるとするならば、金額が高額なことでしょうか。
比較的安価で出版出来る会社もありますが、大体の金額としては30万円から60万円程となります。
サイズやページ数、印刷部数や条件により金額は変動し、もう少し高額となると100万円や200万円近くになる場合もあります。
オリジナルの本が作成出来ることは魅力的ですが、本の作成にかかる金額をみると迂闊に手を出しにくい金額となっています。

また、自費出版では利益をだすことが極めて困難と言われています。
自費出版の本は書店に並んでいても中々購入して貰いづらく、本を出版したからといって必ずしも購入してもらえる訳ではありません。
その為、自費出版で利益をだすにはかなりの努力が必要と言われています。
自費出版で本をだす場合、最初から本の利益を求めて出版しない方がいいでしょう。

他にはどんなデメリットがあるのか

本を自作し出版する場合、責任者は自分自身になります。
つまり執筆した本に何か問題が発覚した場合、自分で責任をとることになります。
自由に企画を考え好きなように本を執筆出来ることはメリットでもありますが、その自由さが同時にデメリットにも繋がっているのです。
本を執筆する時はなるべく人を傷つけるような表現はしないように心掛けましょう。

また、自費出版に限ったことではありませんが本を出版し誰かの目に触れるということはそれだけ批判されてしまう可能性も高くなるということです。
執筆した本が誰かに批判されてしまうのは悲しいことですが、もし書店に出版した本を並べるのであれば可能性があることは念頭においておいた方がいいでしょう。


この記事をシェアする