世界に一つだけの本が作れる!自費出版のメリットとデメリット

自費出版についてのメリット、デメリットを知るサイト

出版時に注意すべき点、気をつけるべきこと

納得してから契約する

契約が出来る会社は良心的な会社が多いですが、稀に悪徳な会社も存在しており契約の時点でしっかり確認をしないとトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。
契約をする前段階のお問い合わせの時や打ち合わせの時に、些細なことでも疑問に感じたことはそのまませず質問をし解消しておきましょう。
その時に費用は適切な金額か忘れず確認をしましょう。

契約段階では事前に確認していたことと差異はないか、金額や費用の内訳はどうなっているかなどを確認するようにしましょう。
大丈夫だろうという安易な気持ちで話を進め、よく確認をしないまま契約をしてしまうのは危険なことで後で後悔したりトラブルになる可能性が極めて高いです。
必ず、心から納得をした上で契約をしましょう。

業者選びはどう選べばいいか

どの会社から出版をするかの業者選択はとても重要です。
もしも出版に際し金銭的に余裕があるのなら、大手の出版社で自費出版の契約をすることをお薦めします。
しかし、出版社によって自費出版の受付をしていない場合もあるので、自費出版したい出版社が見つかった時は事前に一度連絡をし確認してみましょう。

自費出版はしたいが、あまり出版費用をかけられないという方は自費出版専門業者で注文をし契約することをお薦めします。
自費出版専門業者では、ネットで自費出版の本を販売していたりもするので事前に確認をしてみても良いかもしれません。
ネットで販売されている場合、ISBNコードが付いておりこのコードが付いていれば本の流通をしてくれる会社となります。

また、業者を選ぶ時は即決するのではなく何社か取り上げて比較、検討するなどよく吟味するようにしてください。


この記事をシェアする